<< ビックコミックスピリッツ感想49号 | main | 【今週の注目!マンガ】「フルたま」 古都ちゃん大ブレイク! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑page top
【最終回感想】「ステイゴールド」は何故早期打ち切りになったのか?


「サッカー」と「テニス」は違う。
それを痛いほど思い知ったのは他にもならぬ大島先生自身だろう。
基本的には個人競技であるテニス。
同じチーム内で数多くのキャラクターを描けるサッカーとは全然違うのだ。
何故ステイゴールドがこんなにも早く打ち切られてしまったのか。
今回はそこを検証していきます。

【主人公のキャラについて】
「弾丸フォア」という武器、必殺技を持った主人公。
これは「シュート!」のトシの「必殺の左」と同じような存在だったと言える。
パワーで押し切る。
それは確かに魅力的でもあるが・・・
個人競技であるこのマンガの場合、
「それだけ」ではちょっと魅力に欠けるのではないだろか。
近年ヒットしたテニスマンガ、「LOVe」「テニスの王子様」で見てみると・・・

「LOVe」
ラブちゃんの必殺技→イルカショット、ラッコショット、トルネードショットなど多彩。

「テニスの王子様」
リョーマの必殺技→ツイストサーブ、ドライブB、無我の境地(!?)

と主人公の対決だけで言っても持ってる技の数が違う。
テニスは競技する面積が違う。サッカーでは迫力のあるシュートは快感であるが、
テニスはあの狭いコートの中から、
どういったテクニックを使ってポイントをゲットするか。
その性質の違いをしっかり描けなければ、テニス漫画として輝く事は出来ない。

【チームメイト・ライバル達の魅力の不在】
ここでも大島先生の表題作「シュート!」と、
近年ヒットしたテニスマンガ2つと比較してみよう。

「シュート!」には絶対的存在である久保さんという存在がいた。
そのスター性・カリスマ性と、その後に訪れた悲劇は、
最後の最後まで「シュート!」というマンガにずーっと影響力を及ぼしたのだ。
ある意味久保さんのようなキャラを作りだし、それを潔く悲劇を描ききった、
それが「シュート!」の最大のヒットの理由でもあるだろう。

その他のチームメイトである平松や白石、神谷なども個性的なキャラだ。
ライバルである敵たちも加納や松下など数えあげればキリがないほど、
それぞれ個性的なキャラ・多彩な技を持っていた。

「ステイゴールド」にはこのチームメイトとライバル、
両方ともに魅力が不在だったのだ。
ハッキリ言って、主人公佳山以外に名前を覚えてるキャラがいるだろうか?
少なくとも私は覚えてない。それぐらいインパクトが薄いのだ。
主人公だけにスポットを当てるマンガは嫌いではないが、
少年誌、しかも全く同じ時期に始まった
「フルたま」の存在がある中でそれはあまりにも痛かった。

その点、「テニスの王子様」はすごいですよね。
もう多彩どころか変態的とも言える多彩なキャラ揃いだし、
(それは本当にいいのか疑問ですが。 まあ一部の方々にはいいのかな)
「LOVe」も洋平や山城、漣やヒューといったインパクトのあるキャラ達に恵まれた。

個人競技だからこそ、その個人を支える周りを描く事が大事なのだ。

【ヒロインの魅力】
これは、ことテニスマンガに関してはヒットの要因では必ずしも無いとは思う。
けれど「シュート!」「フルたま」
この2つの作品と比べられてしまうという状況が、
この作品に大きな枷となってしまったのである。

「シュート!」のヒロインは一美
元ヤンキーながらも、サッカーへ、そしてトシへの思いをしっかりと描き、
作中でも所々恋愛模様を描いていた。
一美という個性的なキャラが、
男同士の熱い戦いであるサッカーの癒し(?)の存在だったのだ。

そして現在連載中の「フルたま」には
古都という個人的にすっごく好きなキャラがいる。
主人公・タマをひたむきに、純粋に応援し続ける。
そして明らかに、あからさまに(?)主人公・タマを大好きなのだ。
そういったヒロインはやっぱり魅力的に映る。

さて「ステイゴールド」はと言うと・・・雪村先輩。
いや、可愛いんだけどね、何ていうか・・・影薄くない?
一美のようなインパクトも、古都のような華もない。
「テニスの王子様」のように全く女性キャラが出てこない(出てきても意味なし)マンガもあるが、
まあそれは、女性キャラを出す意味がない=ターゲットが女性だから。
「LOVe」は主人公・ラブがヒロインのようなものなので問題なし。

「ステイゴールド」はどちらかと言えば男性向けのマンガである。
だからこそ、ヒロインをしっかり描いてほしかったのだ。

【というわけで最終回感想を。】
「魔法のような」。佳山が目指していた弾丸フォアが炸裂!!
というわけで当然のことながら主人公ですから勝利!
これで最終回で負けたらうけるんだけどなぁ。一気に問題作へとのしあがれたのに。

んで先週予想していた通り、舞台がいきなり全国へ。
もうこれはね、パターンですよね・・・最終回でいきなり時間が飛ぶのってのは。
雪村先輩もとりあえず出さないと!みたいな感じで無理矢理気味の登場。
可愛いんだけどねぇ・・・もっと登場させるべきだったんじゃないかと。

そして来ました!「第一部完」!
まあこうやって「第一部完」と描かれて
実際第二部が始まるマンガってのは皆無です。
あって「マガジンFRESH」とかの姉妹誌に異動する感じかな。
けどその告知もないしねぇ。大抵最終回のページの次のページとかに
「○×号より第二部開始!」とかあるのに。それすらないからね。

これはもう完全に大島先生のプライドとみた。
「シュート!」の大ヒットの影響もあるだろうけど、かなりの期待と気合を入れて
臨んだ作品だっただけに、完全に完結してしまうのは悔しかったんだろう。
完全にキャラや設定を思いっきり変えちゃって、
佳山と雪村先輩の子供がテニスに挑戦していく!
みたいな展開にした方がいいと思う。
「俺はオヤジのような弾丸じゃなくて・・・技術で勝負するんだ!」
みたいな感じで。

「シュート!」から脱却できなかった大島先生。
えてして長期連載のマンガから抜け出せないパターン、
というのは今までも数多くあった。
迫力のある試合シーンなど、実力は十二分に備えてる人だけに、
もう一度復活してほしいものですね。

とりあえずマガジンテニス対決は「フルたま」に軍配があがりましたね。

※今回の記事を書くにあたって、あきとーさんのコメントを参照しました!
 ありがとうございました〜

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆ステイゴールド
< 作者 >◆大島 司
< 巻数 >◆1〜2巻(2004/11時点)
< 連載 >◆少年マガジン49号まで。
< 出版社 >◆講談社
< 出版日 >◆2004年09月
--------------------------------------------------
amazonで見てみる。
bK1で見てみる。

----------------------------------------------------------------
スポーツマンガレビューもあり!本サイトへも是非お立ち寄りを。
マンガ苑→http://homepage2.nifty.com/taka_ringo/comic/ へドーゾ♪
| 最終回感想 | 16:03 | comments(6) | trackbacks(1) | ↑page top
スポンサーサイト
| - | 16:03 | - | - | ↑page top
コメント
長文、お疲れ様でした。今回の最終回感想、ホントに面白かったです^^。

今更ながらですが、ヒロインについては、前のコメントを送信した後に「これは違うかな〜?」とか思ってたり(笑)。今回の考察でも何か浮いているような気がしますし(笑)。まあ、『スクラン』・『ネギま』が人気の今のマガジンで、ラブコメ要素は結構必要なスキルなんじゃないかなとも思います。

まあ、『タッチ』から続く青春スポーツマンガの伝統ですし・・・(笑)。


結局、この作品は『テニスの王子様』が作ったテニスブームに乗った二番煎じとして始まったのが一番のネックだったと思います。こういった作品は、絶対比較されますし、通常の連載よりも風当たりが強い様に感じます(アンチが多そう)。

結果は、大島ファンにも受け入れられず【第一部完】。個人的にラストの方になって面白くなりつつあったので、時期が時期ならもっと続いたのでは、と思ったり。大島先生の次回作に期待しています。

長文失礼しました。
| あきとー | 2004/11/07 5:06 AM |

あきとーさん、長文読んでもらってありがとうございます〜
面白いと言って頂けるとめっちゃ嬉しいです♪

ヒロインはどうですかねぇ〜そんなに重要じゃないですかね?
まあ大半の人はそんなモノを求めてないんでしょうか?
いやいや求めてると信じて・・・(笑)
あきとーさんの言うとおり「ネギま」「涼風」「スクラン」あたりに、
キャラ好きな人は集まってるんでしょうねぇ。

けどやっぱスポーツマンガの主人公にはそれを支えるヒロインが必要不可欠!
そう南ちゃんです。さすが。
ある意味スポーツマンガのヒロインとして、
確固たる不動の位置に君臨しているのが南ちゃんですよね。
小学生の頃何度結婚したいと思った事か(ぇ)

テニスの王子様と比較されちゃうとキツイですね。
あれはもうキャラウケ狙いの一点集中型ですからねー
けどマガジン編集部は「シュート!」で獲得した大島ファンで
対抗しようと思ったけど受け入れられず、と。
まさにその図式が手に取るように分かる終了の仕方・・・

個人的には大島先生大好きなので是非とも復活を!
もう一回サッカー!?
| たかすぃ | 2004/11/07 4:37 PM |

最近、ステイゴールドを1、2巻、単行本で買った所の私です。
大島先生の漫画だーと思って、楽しく読んじゃいました。でも
3巻で終わっちゃうなんて・・・マガジンは読んでなかったから
知らなかった。かーなし―(T_T)せっかく、これからまた、楽しみができたと思っていたのに。私的には面白かったのですが。
残念です。また、新しい作品に期待したいです。
| マッキ― | 2004/11/23 4:30 PM |

マッキーさんはじめまして!!
コメントありがとうございます〜♪

ステイゴールドはコミックス派だったんですかー
ごめんなさい、ここ見てネタバレになっちゃいましたかね?
楽しみにしてて知ってしまったんだら申し訳ないですー

個人的には大島先生の作品はホント好きで、
シュートも20巻ぐらいまで持ってるんですよー
今回のステイゴールドも好きでした。
(個人的にテニスやってるので、それも伴って)
ただ時代の流れにやられちゃったのかなーとも。

是非大島先生の次回作に期待したいですねー!
けっこうまたすぐに始まりそうな感じが・・・何となく。

また遊びにきてくださいねー!
| たかすぃ | 2004/11/23 10:50 PM |

はじめまして。
リンクとトラックバックさせていただきました。
すごく面白い感想ですね!

長かったですが、すぐ読めました。
それでは失礼します。

| 吉田 泰輔 | 2005/04/30 10:34 AM |



('仄')パイパイ

| | 2009/08/14 1:11 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mangaen.jugem.jp/trackback/88
トラックバック
『ステイゴールド全3巻』(漫画)
マガジンで、一時期連載されていた漫画です。 怪我でテニスを離れていた通称『赤い弾丸』と呼ばれる主人公。 怪我が癒え、高校で再びテニスにカムバックします。 描いたのは『シュート』と同じ大島司さん この人の絵は分かりやすく迫力があって好きです。
| 寄り道のススメ | 2005/04/30 10:27 AM |


SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
らいか・デイズ 3 (3)
らいか・デイズ 3 (3) (JUGEMレビュー »)
むんこ
こんな子供が欲しいです。
RECOMMEND
RECOMMEND
ゆびさきミルクティー 6 (6)
ゆびさきミルクティー 6 (6) (JUGEMレビュー »)
宮野 ともちか
水面がらヴぃ。
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
QR CODE
qrcode
OTHERS