<< 【今週の注目!マンガ】「フルたま」 古都ちゃん大ブレイク! | main | 少年マガジン感想49号 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑page top
2004年最高の感動作に偽りなし!「いま、会いにゆきます」 市川 拓司(作) 高田靖彦(画)

オススメ度:★★★★★★★★☆(8.5)

初めて読んだ時・・・涙した。
最後の最後に衝撃の結末が待っている。
その結末を知った後で、もう一度読んで・・・もう一度涙した。
この作品は1回目と2回目では受ける印象が全く違うマンガになるのだ。
だからこそ、最低2回読んでほしい。
純愛と、家族愛。その二つを一気に堪能できる作品というのは中々ない。
(通勤マンガーZさんはこの作品を奥さんにプレゼントしたらしいですー
 素敵なプレゼントですね!!)

【あらすじ】
「必ず戻ってくるから」
そんな言葉を残し、2年前に愛妻・澪はあの世へといってしまう。
悲しみに暮れながらもひたむきに生きる秋穂巧と、その子佑司。
そんなある日、澪が残した言葉通り・・・
突然死んだハズの澪が、二人の前に姿を現した。
けれども澪は一切の記憶を無くしていたのだった。

再び親子生活を始める3人。
しかしその幸せはいつまでも続くものでは無かった。
何故澪は戻ってきたのか・・・そこに秘められた真実とは。

【10月30日よりロードショー。】
原作小説「いま、会いにゆきます」は現在55万部の大ヒット。
そして10月30日からは映画が公開されているこの作品。
まだこの原作の小説・映画ともに見ていませんが、
どちらも共に見ようかなと思っています。
自分の考えでは「マンガが原作を超える事は無い」と思ってるんですよ。
なのでこのコミック版もかなり秀作で感動しましたが、
やはり原作の細かい描写には勝てない。(と思われる)
だからこそ、ものすごく原作を読みたくなりました。

そして映画。これは原作もコミックも読まないで行った方がいいのかな、とも
思ってしまいます。あの衝撃の結末は、
やはり初めて知った時が一番衝撃大きいですからね。
原作で知る人、コミックで知る人、映画で知る人。
個人的には映画→原作→コミックの順に見たかった作品ですね。
このままだとコミック→映画→原作になっちゃいそうですが(汗)

さて以下は完全なネタバレです。
もしこれからこの作品を読もう・見ようと思ってる人は絶対に見ないでくださいね。
この結末を知ってしまうと、衝撃が半減どころかなくなっちゃいますからね。
【いま、会いにゆきます名場面集】



「会いたいの。会いにいっても・・・いいかな?」
何気にこれは過去に戻ってきた澪が初めてに巧に言った言葉なんですよねぇ。
素敵すぎるセリフなんですが、1回目と2回目ではこのセリフの感じ方が違う。
本当の意味は・・・もっともっと深い「会いたい」なんだろうなぁって。



「大事な人と一緒にいられることが、どんなに幸せなことか・・・わかっちゃったの。」
もし別の生き方を選べば・・・違う人生が、未来が待ってるんじゃないだろうか。
そんな思いはすぐに振り切った澪。
28年しか生きれないと分かっていても、大事な人と一緒にいたい。
それがどんなに幸せな事か、分かってるから。
このセリフは2回目の方がより一層ききます。



「今、聞いた話・・・きちんとわたしの思い出にしたいから」
記憶をなくしたと思い込んでる澪に対し、二人が出会った時の話をする巧。
そんな大切で、素敵な思い出をもう忘れたくない。
そう思った澪が、ノートに記す事を提案する。
これで、ずっと覚えていける。
このノートが後々の大きな伏線になるたーこの時は思わなかった。
この作品の一番大きなキーポイントがノートなんだよねぇ・・・



「わたしを信じて・・・待っててあげてね」
自分の両親が佑司を引き取ろうとする事を澪は心配していた。
けれど二人が努力し続ける姿を強く知っている澪は、
父親に対して最大限の信頼の言葉を送る。
これも2回目じゃないと真の意味に気付けませんねぇ。



「ごめん・・・もう少しだけ・・・このまま・・・」
澪が死んだ時の事を思い出し、もう二度と離したくない、そんな気持ちから
突然巧は澪を抱きしめる。
そんな様子を見て「不安な顔になるのが寂しい」という澪。
この場面は是非原作で読んでみたいなぁとも思ったり。
一度無くしたモノが、戻ってきた時・・・
失った時の怖さを知りすぎてるからこそ、
もう一度失うのではないかという怖さはホントに別格のモノなのです。



「だから・・・ここに・・・がいいの。」
澪のいじらしさがここにある。
きちんとした紙じゃなくていい。
二人の、三人の思い出が詰まった宝物の中に描いて欲しい。
これが物語の大きなキーポイントになり、
ラストの感動をより一層高める事になるのだ。



「今日まで黙っていてくれて・・・ありがとう。」
この作品で一番涙したのが実はこのシーンなんです。
何度読んでもこのシーンは感動です。

もし最初に事実を話してもらっていたら・・・
こんな幸せを感じる事が出来なかった。
黙ってもらえたから、沢山の幸せをもらえた。
それは偽りでも間違いでもない。
本当の、幸せ。
だから、ありがとう。

「佑司のハンバーグ・・・ホントにおいしかったねぇ」からの
この言葉への間合いが絶妙でした。
今コメント書きながらも涙がたまってます。



「・・・さよなら」
佑司は、今度こそ澪にさよならが出来た。
2年前は出来なかった「さよなら」。
きちんと「さよなら」が出来た佑司は、もうしっかりと前を向いて歩いていける。



「いま、会いにゆきます。」
最後の衝撃の結末。タイトルの意味が最後の最後で明かされる。
幸せな未来を一緒に過ごした、あなたのもとへ。
あの海へ行けば、あななたに会える。
・・・あなたに、会いたい。
・・・会いに、ゆきたい。

読後感がすがすがしくて良い、ホントに良い結末です。

【一つだけツッコミ。9年の歳の差はどうなったの?】
19歳の澪が時間を飛び越えて未来へやってきた。
って事は、30歳である巧の前に現れた澪は、
死んだ時の28歳ではなく、19歳のままに澪なのである。
この9年差を、巧は見抜けなかったのか?現実世界に置き換えると中々ありえないかなーとも思いますが、
まあ小説・マンガの世界ですからありといえばありでしょう。

実際人の外見は18〜19歳までに殆ど形成されますしね。
個人的には自分も昔から全然変わってないって言われますし!
まあ老けたぐらいしか・・・(涙)

もしくは時間を越えた時に、同時に歳を取ったのか?
んで戻った時にはまた若返ってると。
どうなんでしょうねぇ。
ここに物忘れが激しいという巧の設定が入ってくるんでしょうか?
「あれー澪ちょっと若くなってる気がするけど、うん、まあ気のせいかな」
という記憶の引き出しの整理が上手くできなかったんでしょうかね。
まあパニック状態になってるでしょうから。

澪が海に突然現れた時と、最後過去へと戻っていく時の服装は一緒ですね。
ここら辺は矛盾が生じないようしっかりと描かれてますね。
ただ持ち物は消えちゃう所がパラドックス。
(未来へ来た時に大学の教科書とかが消えてる)
けど過去へ戻る時はノートを持ち帰る事が出来たのがまた不思議。

【ホントに泣ける名作です】
過去から、未来へ。
数多くある設定ではあるけれど、こんな感動できる使い方をした作者に拍手。
「セカチュー」に沸いた2004年だったけれど、
衝撃だけで言えばこの「いま、会いにゆきます」の方が数段上です。
是非「セカチュー」を超えてほしいものです。
6週間の奇跡を、是非日本中の人に見てもらいたいですね。

コミック版を読んだ人、一緒に小説も読みませんか?
小説版「いま、会いにゆきます」

映画も近々見にいってきまーす。
「いま、会いにいきます」公式サイト。

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆いま、会いにゆきます
< 作者 >◆市川 拓司(作) 高田靖彦(画)
< 巻数 >◆全1巻
< 連載 >◆ビックコミックスペリオール
< 出版社 >◆小学館
< 出版日 >◆2004年10月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。

----------------------------------------------------------------
他にも様々な感動できるコミックを紹介!本サイトへも是非。
マンガ苑→http://homepage2.nifty.com/taka_ringo/comic/ へドーゾ♪
| コミック感想 | 18:30 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑page top
スポンサーサイト
| - | 18:30 | - | - | ↑page top
コメント
TBありがとうございます。
このマンガ、高田先生の絵がすごくマッチしていたと思ってます。高田先生は不器用だけど熱い心を持ったキャラってのを常々描かれているんで、この微妙な心理描写もばっちりだったのでしょうね。
結末は俺もいい意味で「やられた!」って思いました。久々にサプライズでした。で、そのシーンで涙があふれました。
たかすぃさんがおっしゃる通り、
>「純愛と、家族愛。その二つを一気に堪能できる作品とい>>うのは中々ない。」
まさにそんな感じの作品ですいよね。
俺の方は
マンガ→原作→映画(レンタル)になりそうです。
子供が小さいので劇場になかなかいけなくて。。。。
でも子供が大きくなったら一緒にDVDみようかな。
| 通勤マンガーZ | 2004/11/07 9:41 AM |

コメントありがとうございます〜

確かに高田先生の絵がかなりマッチしてましたよね。
不器用だけど熱い心を持ったキャラ・・・
「演歌の達」とかは正にその典型でしたよねぇ。
原作をまだ読んでない身なのでそんな言えませんが、
ホント高田先生で良かったなぁと思ったり。

結末はサプライズですよねー
コンビニで立ち読みしながら「おおっ!」とか小さく呟いたような(笑)
こりゃ家の中で読むもんだー
と思って即コミック購入したんですよ。

久々にいいもの見れたーって感じです。
何にも傷つけられたり、汚れたりしてないキレイなもの。
例えるなら冬の朝、前の晩に雪が降って積もった景色。
誰にも踏まれてないキレイな景色。
そんなものを見た感覚とダブります。

お子さん小さいとなかなか劇場行けなさそうですよね・・・
お子さんには若干難しい内容?かもしれませんが、
中学生ぐらいになったら良いんじゃないかなぁと思います。
恋愛をした事がある人なら、この作品は涙、ですからねー
| たかすぃ | 2004/11/07 4:44 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mangaen.jugem.jp/trackback/90
トラックバック


SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
らいか・デイズ 3 (3)
らいか・デイズ 3 (3) (JUGEMレビュー »)
むんこ
こんな子供が欲しいです。
RECOMMEND
RECOMMEND
ゆびさきミルクティー 6 (6)
ゆびさきミルクティー 6 (6) (JUGEMレビュー »)
宮野 ともちか
水面がらヴぃ。
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
QR CODE
qrcode
OTHERS